こんばんわ「じょばんに店長」です(=^・・^=)


好きですね宮沢賢治。



子供の頃から今に至るまで、ずっと読んでる
数少ない作家(この表現が正しいか疑問ですが)です。

皆さんは彼についてどんなイメージをおもちでしょうか?





清廉潔白で理想の高い聖人君子みたいな人。

質素と自己犠牲と友愛精神の持ち主で生涯を独身で過ごした人。

菜食主義で博学であらゆるジャンルに精通した偉人。

ストイックで時代を先取りした早熟の天才。

まぁ、上記のイメージではないでしょか?


彼の故郷の花巻を何度も訪れ、足跡をたどるほどに
宮沢賢治という人間が僕は好きになりました!

そして、上記のイメージに間違いはありませんが
あくまでも後世の親族や研究家が作ったイメージだと知ったのです



もし、彼を現代風に表現するのなら、、、、、、、

妹萌えの金持ちボンボン、引きこもりニートの意識高い系(笑)
2ちゃんねらーの走りでありネトウヨの部分もありました!

でしょうか?


あ、決してディスってはいませんよぉ(笑)


そして春画(いわゆるエロ浮世絵)のコレクターであり、親の資金力を使った
レコードコレクターでもあり(レコード店は英ポリドールより表彰された)
海老天そばや、うな重を食し当時は酒より高い三ツ矢サイダーを愛飲し、
東京までチェロを習いにゆくくらいのスーパーセレブでもありました!


あ、決してディスってはいませんよぉ(笑)

本当に??


もちろん、晩年は親の援助を断り不自由な別荘(それでも相当立派ですが)
で、農業指導や芸術や創作活動に没頭しており、菜食主義者となりました。


ちなみに賢治の実家は、現在でも岩手ではかなり有力な財閥です。
なんせ、駅前のホテルや空港の売店やGSなどの事業を手掛けておりますし。
賢治がらみの版権や肖像権などのライセンシーは莫大な収入でしょうから?

そのへんの事情から、賢治を聖人君子に仕立てる必要があったのかも知れませんね(笑)


ただ、人間としての宮沢賢治は、本当に人間くさい欲望に正直な人で
あったのかも知れませんね?


だからこそ、魅力的な作品の数々を後世に残したのかも知れません。


つまり、欲望を素直に受け入れ満たす事こそが、創作意欲や活力を満たす
大いなるエナジーになるのかも知れませんね?


もし、欲望を満たすお手伝いを当店にてお手伝いさせて頂ければ幸いです(笑)
結局はCMになってしまいましたwwww








さて、「ブログみた!」とおしゃったお客さまには+5分無料サービス致します!

さらに当店指定の時間帯でご利用のお客様は!指名料サービスしちゃいます!!
※本指名のお客様は除きます!すいませんm(__)m


そして本日のキーワードは「汽笛(きてき)」です!

「ブログ見た!汽笛(きてき)!」とおっしゃったお客様が対象になります!

ご新規さまも会員さまも是非ともお待ちしています!


それではこのへんで!